« 撲滅運動 | Main | 夏日 »

2004.04.06

落とし物

先日、落とし物を拾った。
職場の花見に行くため、自転車で駅に向かっている時だった。
交差点で信号が変わるのを待っていると、横切った車からぼとん、とポーチらしき物が落ちてきた。
横断歩道の真ん中に落ちたので、こりゃ他の車に引かれるのは必至だな、と思って拾い上げた。
窓から落ちたと思ったので、運転手もすぐに気づくだろう、と思ったのだが、気づく様子もなくそのまま走っていってしまった。
このご時世、もしや、爆弾では?それとも、盗品を捨てたのか?
なんて疑いもあったので、車のナンバーだけはとっさに記憶しておいた。

幸い、駅前には交番があったので、そこに落とし物として届けた。
電車の発車まであんまり時間もなかったので、じゃ、これで、と渡して退散するつもりだったのだが、そういう手順ではいけないらしい。
まず、ポーチの中身を開けて、中身を一緒に確認しなくちゃいけないらしい。
なるほど。爆弾渡されて逃げられたらたまったもんじゃないもんな。
開けてみると、財布やらクレジットカードやらいっぱいでてきた。
免許証もあったので、すぐに所有者に連絡が取れそうだった。
お金を数えて、封筒に入れて、住所と名前まで書かされて、ああめんどくさい。

警察の人に「謝礼を受け取る権利がありますけど」と言われたが「そんなのいりません」とゆうと、「それでは、ここに権利を放棄します、というところに丸をつけてください」と言われた。
謝礼は5〜20%請求する権利があるそうなのだが、受け取りに来いとか言われるのも面倒だし、逆に来られるのも迷惑だ。そもそも、本当にお礼がしたいというなら、自分から申し入れてくるでしょうよ。

その後、なんとか電車の出発には間に合って、花見の会場に着いた頃、落とし主から電話があった。

落とし主「大変ありがとうございました。お金には換えられない物も入っていて、とても助かりました。ぜひお礼をさせて頂きたいのですが…」
自分「いえ、そういうつもりでもないんで。大切な物は落とさないように気を付けてくださいね。」
落とし主「そうですか。では、お言葉に甘えさせて頂きます。ありがとうございました。」

1億円の鞄を拾ったとかいうなら、確実に請求するけどね。
プライスレスなものには請求はできんよ。


ところで、その2日後、警察から「物件返還通知書」なるものが届いた。

「あなたは、遺失物法により、下記の方に、物件の価格の5%から20%までの報労金の支払いを請求することができますので、連絡を取ってください。」

権利放棄する、って書いた意味ないんでは?

« 撲滅運動 | Main | 夏日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

いろいろややこしいんですね。違う意味で落し物拾うの躊躇しそう…。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 落とし物:

« 撲滅運動 | Main | 夏日 »

Recent Trackbacks

October 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ