« 「抹茶とカルピス」と「ドラフトワン」 | Main | 夏休みといえばプール »

2004.08.03

プリンタインクの詰め替え

我が家の机上に巨大なスペースを有して居座るEPSON STYLUS CX5200。
エプソン初の顔料インクプリントエンジンを搭載した複合機だ。
Colorio CC-600PXが出る半年ほど前にアメリカで投入されたものを輸入、というか持って帰ってきた。
プリンタドライバは英語ではあるものの、使うのが特に難しいわけでもないのでそのまま使っていた。

しかし、大きな問題にぶち当たった。インクが切れたのだ。
前述の通り、日本ではCC-600PXという名前で売られているのだが、同じインクカートリッジは使えない。
物理的には同じものなのだが、電気的に、ソフトウェア的に違うものなのだ。
そう、エプソンの近頃のインクカートリッジには、 ICチップが付いていて、機種ごとに判別するのだ。
これによって、600PXのインクはCX5200では間違ったインクカートリッジとなって使えない。

これを回避する方法、それはインクチップをリセットするしかない。
そのためのツールというものが売られている。
リセットしたチップを、600PXの新品カートリッジについているチップと交換するのだ。

しかし、どうせチップをリセットするなら、インクを詰め替えてしまえばいいではないか?
ということで、インク詰め替えキットを購入した。
正直言って、骨の折れる作業だった。
時給を考えたら、手や服や机が汚れることを考えたら、新しいインクを買った方が良いかもしれない、とも思った。
それでも、リフィルは楽しい。
既製品を買うだけではない、手作り感が心地よさをもたらすのだろう。

R0010925.jpg

« 「抹茶とカルピス」と「ドラフトワン」 | Main | 夏休みといえばプール »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/1115262

Listed below are links to weblogs that reference プリンタインクの詰め替え:

« 「抹茶とカルピス」と「ドラフトワン」 | Main | 夏休みといえばプール »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ