« NIFTYとともに13年 | Main | WiinRemoteを試す »

2006.11.20

MissingSync 3.0 を利用する

MissingSync 3.0を購入してしばらくたって、少しずつ使っている。
W-ZERO3とiTunesのシンクロをするのが目的だったはずなのだが、この当初の目的がちっとも達成できていない。
内部メモリとのシンクロならほとんど問題はないのだが、外部メモリ、つまり、miniSDカードとのシンクロで問題が発生する。
最初の一回はうまくいったのだが、その後、ちっともシンクロできなくなってしまった。エラーが出るばかり。ログの中身もよくわからない。
いったん、miniSDカードをフォーマットしてしまった方がいいのかな?

一方、期待していなかった効果として、アドレスブックとのシンクロが挙げられる。これが実にいい。
MissingSync 3.0から、写真がシンクロの対象になったらしいのだが、これのおかげで、W-ZERO3の「連絡帳」が実に気分良くなった。そして、Pocket Outlookでも、メールアドレスから判定して、メールの差出人の顔写真を出してくれるではないか!Coolだぜ!まるで、Mac OS X Mailのようだ。

iTunesだけでなく、iPhotoのシンクロも、最初の一回だけがうまくいって、あとはうまくいっていないから、これがバグなのかどうか、どう切り分けたらいいものかなあ。

« NIFTYとともに13年 | Main | WiinRemoteを試す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/12761040

Listed below are links to weblogs that reference MissingSync 3.0 を利用する:

« NIFTYとともに13年 | Main | WiinRemoteを試す »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ