« May 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

2008.07.21

下痢と薬とラクトレス

息子が嘔吐するわでべそだわ、ということで医者に行ったら、次の日から下痢になってしまった。
なんか、病院で病気でももらってきたんではなかろうか?と疑っているのだけれど。
別の検査のために、医者に行ったら、まずは保水剤、整腸剤、下痢止めを処方された。特に診断もされなかったが、下痢だと言ったらそれだけ処方された。
保水剤は50mlを1時間かけて飲ませて、4時間飲ませてください、と薬局で説明された。しかし、おしっこは出ているので、脱水症状とは思えない。脱水症状かの診断もあやふやなまま、処方されているような。で、実際に飲ませてみようにも3〜4時間ごとにしかミルクを飲まない子供が、その間に水なんか飲むわけがなく。結局、すぐに断念。おしっこも出ているしいいだろうよ。

下痢止めと整腸剤は、なんとか飲ませていたのだけれど、4日ほど続けても効果が出ない。それでまた医者に行ったら、今度は別の薬にしましょう、ミルクも変えてみましょう、と言われた。これも特に診断されたような様子もなく。一応、エコーでなんか見ていたけれど、何を見ていたのか不明。
薬局で処方された薬は、ミルラクトという乳糖を分解するのを助ける薬。下痢になっているときは、一時的に乳糖の分解がしにくくなっていることがあるそうな。
そして、さらに、ラクトレスという乳糖を取り除いた粉ミルクに切り替えてみましょう、と。なお、粉ミルクは調剤にはあたらないので、自費負担になるのだけど、このミルクが高い。通常の粉ミルクの倍のお値段がするのでありますよ。これをずっと飲ませるとなると、家計はかなりきっついことになりそうな気がしたので、ホントに飲ませなくちゃいいかんのか、どのぐらい飲ませればいいのか聞いてみたら、医者から言われてませんか?と。何も説明されてないよ。ただ、ミルクを変えろと、それだけ。いい加減すぎる。とりあえず、下痢が治まるまで3日ぐらいは飲ませてください、ということだったので、3日分、3箱買ってみた。あとでわかったが、このミルク、インターネットや、ベビざらすで買うよりも、薬局で買う方が安いようだ。

しかし、乳糖分解されてるミルクに加えて、乳糖分解の薬も併用して飲むってどうゆうことかね?明らかに不要な気がするんだけど?

ともかく、処方されたミルラクトと、ラクトレスを併用して飲ませてみた。
初日は前のミルクが体内に残っているせいか、下痢は改善せず。
二日目になると、下痢がぴたりとやんだ。これほどまでに効果があるものなのか!
三日目も同様、下痢は止まっている様子。
これで完治したのかどうか不明だが、ミルクがあと1日分だ。これでやめていいのか?
ラクトレスのパッケージには「医師の判断で」と書いてあるくせに、医者がそもそもいつまで飲ませなさい、という指示も出していないし。


« May 2008 | Main | August 2008 »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ