« SL-C860用に2.4.20カーネルをビルドしてみる | Main | bootを入れ替えてみたが駄目だった »

2008.09.22

2.4.20カーネルを焼いてみたけれど

SL-C3000用のカーネルをSL-C860用にビルドして、焼いてみた。
カーネルのアップデートはできたけれども、まったく、うんともすんとも言わなくなった。
コンソールが出る以前の問題なので、カーネルがブートできていないのだろう。

Linuxカーネルのブート手順とゆうのをよく知らないので、こうゆうことになっているのだと思うが、そういえば、ブートストラップがあるようなことを読んだことがあるような気がするので、SL-C860とSL-C3000ではハードウェアが違うから、メモリ配置とかも違っていて、ブートストラップも違うのだろう。

SL-C860用のブート部をSL-C3000のソースに入れてやったら、動くんじゃないかな?そんなに、ブート部はカーネルのバージョンが上がっても変わらないんじゃないかな?

まずは、調査のために、すっぴんの2.4.18と2.4.20のarch/arm/boot を比較してみた。
diffで違いのあるファイルを探したら、以下の通りだった。

arch/arm/boot/Makefile
arch/arm/boot/compressed/Makefile
arch/arm/boot/compressed/head-epxa10db.S
arch/arm/boot/compressed/head-mx1ads.S
arch/arm/boot/compressed/head-shark.S
arch/arm/boot/compressed/head.S
arch/arm/boot/compressed/misc.c
arch/arm/boot/compressed/ofw-shark.c

ざっと見たところ、新しいアーキテクチャに対応した様子。
細かなバグも修正されているのかな?
これなら、置き換えでそのままいけないかな?

« SL-C860用に2.4.20カーネルをビルドしてみる | Main | bootを入れ替えてみたが駄目だった »

Zaurus」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/42555173

Listed below are links to weblogs that reference 2.4.20カーネルを焼いてみたけれど:

« SL-C860用に2.4.20カーネルをビルドしてみる | Main | bootを入れ替えてみたが駄目だった »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ