« D01NXが届いた | Main | VMB 2.6ドライバから2.4へのバックポート開始 »

2008.09.29

D01NXドライバをのぞいてみる

PCMCIAカードサービスを作るための下準備はできた。
しかし、これをどうUSBホストアダプタとして作ればいいのやら?
USB関連の関数をなんか呼ばなくちゃならんのだろう、とゆうことはわかるのだけど、どの関数を呼べばいいのかな?

ということで、まずは、既存のD01NX用vmb_usb.oをarm-linux-nmで解析。stripされていないから、シンボルが残っていてありがたいなあ。
USB関連のAPIは以下のものが使われている様子。

U usb_alloc_bus
U usb_alloc_dev
U usb_check_bandwidth
U usb_claim_bandwidth
U usb_connect
U usb_deregister_bus
U usb_disconnect
U usb_free_bus
U usb_free_dev
U usb_new_device
U usb_register_bus

うむ、よくわからん。
RFX-CF1のドライバのソースコードでも見た方がわかるかな?

一方、arm-linux-stringsで文字列リソースをのぞいてみたところ、

../vmb_usb_cs.c
../vmb_usb_hcd.c

というのが見つかった。
VMB5000のドライバが、vmb_csとvmb_hcdからできていたけれど、やっぱり同じソースからできているのかな?

« D01NXが届いた | Main | VMB 2.6ドライバから2.4へのバックポート開始 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/42636008

Listed below are links to weblogs that reference D01NXドライバをのぞいてみる:

« D01NXが届いた | Main | VMB 2.6ドライバから2.4へのバックポート開始 »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ