« D01NXドライバをのぞいてみる | Main | カードサービスまではできた »

2008.09.30

VMB 2.6ドライバから2.4へのバックポート開始

PCMCIA CSの2.6と2.4ではずいぶんとドライバの作りが違う。
といって、手元にあるLINUXデバイスドライバは2.4用。2.6でできてるドライバのバックポートなんかできるんかしら?
策として、2.4と2.6で両方にあるドライバを比較してみることにした。そうすれば、同じ処理をどう2.4と2.6で実現しているかがわかるはずだ。それをもとに、2.6から2.4へバックポートしよう。
サンプルにはorinoco_cs.c を使うことにした。PCカードタイプの無線LANカードね。

まず、初期化部分。ドライバの登録方法から違う。とはいえ、attach/detachがprobe/removeに変わったようなもの。あとは、引数が違う。
まず、初期化部分。vmb_cs_probeという関数が初期化を行っていることはわかった。引数が違うが、2.4用に変えて、dummy_csの初期化と同様にすれば良さそう。
とりあえず、vmb_cs_attachという関数に作り替えて、初期化はできた、かな?
実機では試していないけれど。

« D01NXドライバをのぞいてみる | Main | カードサービスまではできた »

Zaurus」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/42645968

Listed below are links to weblogs that reference VMB 2.6ドライバから2.4へのバックポート開始:

« D01NXドライバをのぞいてみる | Main | カードサービスまではできた »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ