« Google V8 JavaScript Engineを試す | Main | Eye-Fi予約開始 »

2008.11.30

Android on SL-C860

久しぶりに、SL-C860をいじくってみた。
2.4.20カーネルをSL-C860で動かないかと思っているんだけど、boxer-j.confだけでは駄目なのかしら?arch/arm/boot を比較しても、同じようになっていると思うんだけどなあ。違うのは、"SHARP Shepherd"と"SHARP Boxer"のマシン名ぐらい?

しかし、NetFrontではもはや最近のWebはみれないので、やっぱり、Androidにしたいなあ、と思う今日この頃。
ということで、今更、SL-C860でAndroidを体験してみた。

SDカードで起動するイメージがあるそうなので、下記からいただきまして。
http://androidzaurus.seesaa.net/article/80104396.html

カーネルの方は、2.6.23でないといけないそうなので、SL-C860用には、Angstromの古いヤツをもらってくる。(最新版は2.6.24だった)
http://www.angstrom-distribution.org/releases/2007.12/images/c7x0/old/Angstrom-console-image-glibc-ipk-2007.12-c7x0-installkit.tgz

カーネルを書き換えて、SDカード(FAT16でフォーマットしてある256MB 2MB/s。MI-E25DCと同時期に買ったヤツだったかな?)にAndroidのイメージを展開して、起動する。
途中、コンソールが出てきて、コマンド入力ができてしまったので、あら、起動に失敗か?と思ったら、しばらくしてから起動画面(いわゆる赤玉)が出てきて、Andoridのホーム画面になった。と、同時に「Contactが応答してません」とゆうような趣旨のエラーが出た。swapを作ると回避できるかな?

このイメージが公開されたのが今年の1月だったので、これで1年遅れとゆうところかな。
OpenSource版Androidのビルドには成功したので、イメージの中を置き換えれば使えるのかな。

まず、その前に、このカーネルで、手元のD-Link DCF-650W(SL-5000用にアメリカで買ったヤツ)を使えるようにしないと。WEPの設定が出来無い、とかゆって落ちてる感じがする。

« Google V8 JavaScript Engineを試す | Main | Eye-Fi予約開始 »

Android」カテゴリの記事

Zaurus」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7602/43279344

Listed below are links to weblogs that reference Android on SL-C860:

« Google V8 JavaScript Engineを試す | Main | Eye-Fi予約開始 »

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ