スポーツ

2006.03.21

WBC優勝は感動したが...

春分の日とゆうことで、お休みだったので、ワールドベースボールクラシックを生中継で全部見てしまった。
非常におもしろい試合で、感動した。
クローザーが大塚というところはちょっと反則気味ではあるけれど、まあ、それをいったら、アメリカなんかもっと勝てていてしかるべきだしな。

イチローのインタビューで思わず涙してしまい、そして、金メダルが王監督に授与されて、さあ、いよいよトロフィーの授与だ!というところで、CMイン。しかも、ものすごく長い。2分ぐらい?

もう、気分は最悪!
いや、ザ・ワイドが3時15分からになる、とアナウンスされた時点で、すげぇ嫌な予感はしていたわけだが、的中。
阪神が前に優勝したときも、同じようなことがあったよなあ。
星野監督のインタビューの途中で放送終了したヤツ。
あれはどこの放送局だったかな?

あのときは、「スポンサーのことを考えて」のようなコメントが後で出ていたけれど、今回は、日テレの番宣ばっかり。これはかなり悪印象だ。
阪神優勝時の失敗がちっとも活きてねえなあ。

ともあれ、WBC決勝はおもしろかった。ああ、休みで良かった。

2005.10.22

ブリヂストンオープン予選2日目

行ってきました、ブリヂストンオープン。
袖ヶ浦CCは歩いても行けるんじゃないか、というぐらいに近いところにあるのだけれど、鎌取駅からバスに乗っていくとオリジナルキャップが貰えるというので、バスで行ってきました。
プレゼントの帽子は、キャップタイプと、バイザータイプがあったのだけれど、迷うことなくキャップタイプに。バイザータイプは頭が守られないからね。しかし、これ、普通に買ったら2千円以上するよねえ。2500円のチケットで、ずいぶん気前のいいこと。

8時過ぎに到着したら、ちょうど、最年少・中学3年生の伊藤涼太のいる組がスタートをするところで、彼の第1打が見れました。背丈はあるけれど、顔がやはり子供っぽい、中学生っぽい顔だなあ。なお、この組で一緒に回った人はビリで終わったという。アマチュア、しかも中学生に大きく差を付けられたのは悔しいだろうな、と。

前半は飯合肇の組についていってみました。朝早くということもあってか、ギャラリーは少なかったけど。
一緒に回っていたY.E.Yangやキャディと英語でしゃべっていて、おもしろいおっちゃんだなぁ、と思って見ていたんだけれど、帰ってきてから、アメリカシニアツアーで活躍しているということを知ったのだった。へえ。
トリプルボギーを叩いた後に、やたらFで始まる単語をしゃべってましたが(笑)

後半は、これまたアマチュアの池田勇太の組についてみました。こちらは、大学生。ものすごいパワーショットを繰り出すのに驚きました。569ヤード・パー5を2オン、第1打は340ヤードぐらい飛んでたし。おかしい。
この組についていたギャラリーは、ちょっと雰囲気が違っていて、池田選手を近所の知り合いの子供のように応援してる人が多かったかな。お母さんと思われる人もついてましたな。パットとかのときにお祈りしていましたさ。

最終18ホールまで来たところで、ギャラリーシートがあったので、そこで最後に上がってくる人たちを見てました。
途中、トイレに立って戻ってきたところ、さっきまで座っていた席のあたりが騒がしくて、何かあったのかと思ったら、そこにボールが打ち込まれたらしい。あわや、ボール直撃でしたな。やばいやばい。確か、谷原選手だったと思う。
結局、ギャラリーが1mぐらいの近距離に群がる中、うまく寄せてました。

その後、尾崎将司と宮里優作のいる組が上がるのを見て、サイン会場へ並びに行きました。
さすが、ファンサービスはしっかりしているなあ。
キャップに宮里優作のサインをもらってきました。どのへんがどう宮里優作なのか、よくわからないサインだけど(苦笑)


しかし、暑かったり寒かったりと天気の変わりやすい一日だったので、体調を崩しましたな。やれやれ。

2005.05.15

ロッテVSヤクルト戦を観戦

会社でロッテVSヤクルト交流戦3日目のチケットを勝ち取ったので、行ってきた。
朝から小雨が降ったり曇っていたりしたので、開催するのか心配だったが。
内野指定席交換チケットをもらっていて、チケット売り場で交換してもらえ、ということだったのだけれど、行ってみたらすでに「一塁側内野席の交換は終わりました。内野自由席か、3塁側のボビーシートになります」とゆわれた。行った時間、12時半=試合開始30分前。
ボビーシート?なんすか、それ?と聞くと、1塁側のベンチが見えやすい指定席です、とのこと。
あとでわかったが、ボビー・バレンタイン監督の名前をとってたのな。
早めに来れば、もうちょっと高価なシートに座れたのかも。そんなに変わらないと思うが。

試合が始まると、とたんに晴れてきて、ムチャクチャ暑くなってきた。
そうかと思えば、6回にヤクルトが1点入れたあたりでビニール傘で東京音頭を踊るものだから、文字通り雲行きが怪しくなり、雨まで降ってきた。雨乞いかよ!
意外に強い降りになってきたので、傘を差すことに。
7回まで進んで、このまま雨天コールドかよ?と思ったら、雨は何とか上がった。
でも、マリーンズは負けた。これで3連敗。

どうやら、自分が当てたチケットは、万博しかり、必ず雨が降るらしい。ちぇっ。

2005.03.25

千葉ロッテマリーンズ開幕戦近づく

海浜幕張駅の駅構内のポスターはすっかりマリーンズ一色、といった様相。
2週間ぐらい前から、3/26の開幕戦チケットの案内が貼ってあったかと思ったら、開幕戦の相手・楽天ゴールデンイーグルスへのかなり挑発的なポスターが今週から張り出されている。

「東北の春は遅い。」
「バッター全員、祝砲の準備をしております。」
「ファンのために初勝利は仙台でどうぞ。」

などなど。
地域密着型で、実に素晴らしい。

MLBみたいに、球団のホーム試合は地元ファンばっかりになるような、いわば、甲子園の状態が他の球場でも起こればいいのにな、と思う。

2004.11.15

ゴルフ番組

気が付けば、ゴルフコンペが来週の日曜日だった。
練習に行かなくてはいけないのだが、
テレビを見てたら、ゴルフ番組をやっていたので、見入ってしまった。
PSXにもキーワード登録したけど、平日はあんまりやってないのね。

飛距離は金で買える

「女は金で買える」とは、ほりえもんの名言だが、ゴルフにおいては「飛距離は金で買える」だと、レッスンをしてもらっていた先生が言っていた。
飛距離の出るボールを買えば、飛距離は出るというわけだ。
ディンプルの数やら、反発係数やら、材質やら、構造やら、いろんな要素があるらしい。

ただ、飛距離と制御性というのは相反する要素のようで、飛距離が出れば回転が効き過ぎてストップしにくくなったり、逆にぴたっと止めるのに向いているボールは飛距離が出ない、とか。
安いボールだと、どちらか一方に傾く傾向にあるのだけれど、高いボールになるハイテクを駆使した結果、両立する、というようなものらしい。

ただ、そのために1個600円とかするボールを買えるか、といわれれば、答えはノーだ。
1ラウンドで1ダースなくそうものなら、それだけで7200円。平日ならもう一コース回れるかも、というお値段だ。
安ボールを使っても、1ラウンドにせいぜい1個なくす程度になるまでは、安ボールで頑張ろう!

と、貧乏素人ゴルファーは思った。
ほりえもんに近づく日は遠い。

2004.11.07

ニュー ゴルフクラブ

ゴルフクラブを新調した。
前のはアメリカに置いて来ちゃったし、3年使ったしね。
予算はあまりないので、Costcoで売ってる帝王・ジャック・ニクラウス・シグネチャのを買おうかと思ったが、あいにく現金を持ち合わせていなかったので、ゴルフ5へ行ったら、さらに安いものがあったので、悩んでしまった。
ただ、オーバーサイズの方がいいかな〜、と悩んだ末、ちょっと値段の高い方へ。
結局、フルセットで4万円。前に使っていた物よりは高いが、まあどっこいどっこいだろう。
ロングアイアンが無いけれど、無ければムリに使わないから、却って良いのかも。
どのみち、5番アイアン中心で攻めることになるだろうし。

あとは、この新しいクラブに2週間で慣れなくてはな。

2004.11.06

ゴルフコンペへの道

会社のゴルフコンペとやらが再来週の日曜日に開催される。
参加申し込みをしたら、あっさりとエントリーされていた。
最後にコースを回ったのは2003年3月だったか?1年8ヶ月ぶりということになる。
その間、1年ほどはゴルフのレッスンを受けていたので、寝ていただけよりはマシだろう。

しかし、自分のゴルフクラブはないし、グラブも破れてしまった。ゴルフボールも実家に置いたままだ。
あるのは比較的新しいゴルフシューズだけ。
揃え直すと、結構な出費になるな。

2004.08.11

夏休みといえばプール

今年の夏は、8/7からお休みをいただいております。16日までお休みです。10連休!
仕事の宿題みたいなものもないことはないのだけれど、とにかく心身共にリフレッシュすることをこの連休の目標と掲げて半分が過ぎてしまったけれども、はて、リフレッシュしているかは甚だ疑問だ。

この5日間で、すでに実家へ2回往復している。片道150km程度なので、たかだかしれてはいるが、やっぱり疲れる。特に、昨日今日なんぞの一泊往復はちょっときつかった。職場の人の退職宴会だったのだが、そのためだけに1往復するという心意気。ただ、ちょっとぼーっとしていたために、録音音声のお姉ちゃんが警告してくれたにもかかわらず、名阪国道で写真を撮られたかもしれないという不安は残ったが。

実家に帰ってきても実はやることは大してない。
学生時代の旧友とか、幼なじみとか、地元に残した恋人とかがいるわけでもないので、遊びに行ったり宴会をやったり、ということはない。
一番の目的は、プールだ。

地元の市民プールはとにかく安い。
奈良界隈だと450円とかとるらしいのだが、なんと140円(13時〜16時半)だ。午前中なら100円(9時〜11時半)
屋外とはいえ、50m 9レーンのまともなプールで泳げるのだ。しかも、こんな時期、一般人は遠くに出かけていくので、結構、空いている。

去年は残念ながら泳ぐ機会に恵まれなかったのだが、今年はとりあえず2回行ってきた。1日1000mぐらいずつ泳いだ程度だが。しかも、2時間ぐらいかけて。
さらに今年はいい天気、とゆうか、暑すぎ日照り過ぎということで、日焼けしまくり。
たかだか2日でもすっかり真っ黒で、背中は痛い。

普段運動していないのに、いきなり運動して大丈夫か、と自分自身思うのだが、やっぱりだめのようだ。
泳いで運動をして健康ボディを手に入れてリフレッシュ!というつもりが、疲れがたまる一方のような。

まあ、最後の1日で回復すればいいよね。
1日で回復できるような若さでないことは知っているけどな。

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ