心と体

2006.01.31

体年齢でショック

職場、正しくは隣の部門でオムロンのインナースキャンを購入したので、終業後に試させて貰った。
我が家にはアメリカで買ったタニタの体脂肪計付き体重計があるが、オムロンの方が高い数字が出る傾向にあることは経験上知っていたので、かなり大きな数字が出るだろう、と思ったのだが、案の定、ヒドイ数値が出た。
まあ、体脂肪率はいい。アメリカにいた最盛期よりは低かったんだから(苦笑)
問題は、「体年齢」というヤツだ。
具体的な数字をここに書くと、職場の人々にもチェックされてしまうので、差し控えておきたいが、「想定外」の大きな数字だった。
とゆうか、アメリカにいた頃はこれじゃどうなってたのよ?

…肌年齢なら、実年齢よりずっと若い自身があるのに……ぼそ。

ともあれ、これは「風邪をひいたから体重が増えるのは仕方がないのさ」といいわけを言っている場合ではない。
風邪をひくのは、体力がない証拠だ!体力を付けねば!

とゆうことで、早速、サイクリングマシンを30分ほど使ってみた。いやあ、いい汗掻いたわ。
さて、これが何日続くやら。

加えて、柔軟運動もやらないとな。体操座りができなくなってるからなあ。危険すぎ。


2005.01.06

X線検査結果

おしりからバリウムを流し込まれて、空気まで入れられて、もう大変。
検査中は注射とか麻酔とかが効いていたからいいけれど、終わった後に、猛烈にお腹が痛いの。ものすごくおならを我慢した状況とでも言うの?

ともあれ、無事に検査は終わった。
何も見つからずに神経性だろう、と思っていたのだけれど、小腸末端にイボイボっぽいものが発見された。
症状が出ていないからなんともいえないけれど、炎症性腸疾患やらクローン病の可能性もあると。
えー、まじものの病気なんですかあ?!
クローン病って、痔も併発する可能性があるのか。うーん、ちょっと切れ痔っぽいんだが。
まじで可能性高い?

今のところ、出血があったり、体重が激減するとか、そういう症状も出ていないので、即、病気決定!ということではないのだけれど、内視鏡検査を勧められた。

とりあえず、今のうちに、せいぜいうまいもの・高脂肪なものをたくさんたべておこう。
あと、ヨーグルトもな。

2004.07.12

ビタミン不足

週末に実家に帰った。
母親が夕食比タコの炒め物を作ってくれた。
次の朝、唇のところに吹き出物ができていた。膿が出ていたので、早速つぶした。
そういや、最近ではスーパーで買った中華丼を食べたら吹き出物が出たっけ。あれもイカが原因だったんじゃないかと疑ってたっけ。

先日はチキンカツで吹き出物が出たし、鮭フライも危険だ。鯖の竜田揚げは大丈夫で、コロッケも問題ない。
海の生き物がやばいのか?寿司も食えないというのか?そういや、最近、寿司も食ってないな。

口内炎や皮膚関連といえばやはりビタミンB不足じゃないか?と疑って、ビタミンBの錠剤を飲んでいるが、あまり効果がない。
母親にはビタミンCも不足しているんでないの?と言われた。

なるほど。自分の食生活を振り返ってみると、ビタミンCらしきものは採っていない。
毎朝食べているグラノーラは、ビタミンが豊富、と書いてあるが、ビタミンCは含まれていないようだ。
成分表を見ると、ビタミンBが多いんだな、これ。ふーん。
昼は蕎麦と一品と決めているが、どちらも果物が入ることはない。
夕食、これまた果物とは無縁だ。キャベツやワカメは豊富に食べられるので、食物繊維はあまり不足していなさそうなのだが。にんじんも食べられるからビタミンAもよさそうだ。

しかし、やはりビタミンCの不足は明らかなようだ。これをどう補給するか。
CCレモンやC1000タケダで良いとは思えない。でも、なにも採らないよりはマシか?
冷蔵庫があれば、缶詰のミカンとか保存できるかも、などいろいろ考えるところもある。

そんなことを甥っ子の面倒を見ながら妹にゆったら、温室ミカンを買ってきてくれた。
この季節に、ミカンである。高かっただろうに。
愛情の分もあるのだろう、とても甘くておいしかった。

R0010545.jpg

2004.07.06

歯の詰め物

歯科に行って虫歯の治療をしてもらった。
ホントは金曜日の予約だったのだけれど、先方の都合で予約入れ替えで前倒しになった。
治療は早い方がいいので、結構なことである。

どうも、昔、詰め物をするために削ったと思われる跡があったらしく、そこの修繕。
虫歯が進行していたわけではないので、かぶせ治しただけ。
金属をつかわず、樹脂だけで簡単にちょいちょいと埋めて、3本の治療に20分かからず。

歯はちょっと削ったけれど、痛いとは思わなかったし。やはり大人になったと言うことか。
でも、樹脂を削るときに使ったツールのキュイーンという音は、やっぱり苦手だ。
あれを聞くだけで身構えてしまう。別に痛いわけでも、しみるわけでもないのに。
たぶん、人間にとって生理的に嫌な音なんだろう。
あの不快な音を消す技術を開発すれば、「歯の治療における人々の苦痛を取り除いた」として、ノーベル医学賞に通ずるのではないか、と個人的には思う。

2004.07.05

健康診断

友人が健康診断で引っかかって緊急入院したらしい。肝炎だそうな。何型かはしらないけれど。

うちの会社も健康診断を実施中で、今日、受けてきた。
体重は前年比-10kg。これはすばらしい。
視力は年々落ちているはずなのに、変わらず。いや、むしろあがったぐらい。測定器というのは信用ならんもんだ。

気になるのは、血圧が低く、脈拍が少ないこと。
一般に最高血圧は年齢+90ぐらいだそうなのだが、その計算だと10歳以上若いとゆうことになる。
むしろ、職場の人たちに驚かれたのは、脈拍の方だが。
55bpm。寝てるとしか思えないらしい。
とゆうか、寝てるときはこれよりもっと少ないのか?

2004.06.22

苦手なチキンカツ

揚げ物は好きだ。そして、よく食べる。
だから太るんだ、とよく言われたものだが、一時期に比べるとずいぶんと落ち着いたものだ。
ウーロン茶を飲むなどして、油を分解しやすい体質になってきたのかもしれない。

しかし、残念なことに、苦手なものがある。
会社の食堂で出されるチキンカツ、こいつがくせ者だ。
油が悪いのか、鶏肉が悪いのか、よくわからないのだが、必ず食べた後すぐに吹き出物が出る。口の周りに。
チキンカツは大好物なだけに、ものすごく危険な罠だ。
他の店、それどころか寮の食堂でチキンカツを食べても問題はないので、あの食堂だけがおかしい、ということになる。ちなみに、会社と寮の食堂は別経営。

そういえば、ある種のチョコレートを食べても、吹き出物が出ることがある。
あれも意外に油分が多い食べ物だ。
その割に、ポテトチップを食べても吹き出物が出ることは珍しい。
植物性油でも、菜種油やごま油は良くて、コーン油は駄目とか、そんなのがあるのかもしれない。

2004.06.18

色素沈着

歯科で診察してもらった。
考えてみると、前に検査してもらったのはかれこれ2年2ヶ月前だ。うーん。
検査の結果、前歯とかで気になっていた茶色いところは色素沈着で虫歯じゃなかった。
おそらく、歯石がこべりついていて、そこに色素沈着したのかな。コーヒー飲み過ぎてるし、このごろ。
むしろ、奥歯の方にある虫歯3本を治した方がいい、ということだった。
予約して、来週は歯石取り。
これで綺麗な歯がやってくるはずだ。

2004.06.15

虫歯

正直言って、歯磨きの習慣というヤツがあまりない。
このごろ、珍しく歯磨きしてはいるものの、また三日坊主かとも思うことがある。

さて、ここ数ヶ月、なんだか前歯が茶色っぽくて汚いなあ、コーヒーの飲み過ぎかな?と思っていた。
コーヒー渋をとるには漂白しかないよな〜、ということで、Dental Whiteという歯を白くする薬品をアメリカの友人に買ってきてもらった。
これは簡単に言ってしまえば、ジェル状の漂白剤(過酸化水素系)で、2週間も使っていると綺麗になってくる。

しかし、これを使うと、どうにも歯にしみる。うーん、なんかおかしい。
鏡で見ながら、茶色い部分を爪の先でさわってみると、白い部分に比べてざらざらしているような?

あ、これは、虫歯だわ。

さらに鏡でよく見てみると、あらあら、そこら中にあるわあるわ茶色いシミが!
こりゃ、早めに歯医者にいかないと、大変なことになりそうだ!

2004.05.20

ABSOLUTE

先日実家に帰ったとき、何気なく通販番組を見ていたら、EMS健康器が出ていた。
一時期大流行したABTRONICSみたいなもんだけど、ジェルを塗らなくていい、というのがいいらしい。
でも、3万円もする。高い。

そんなとき、ズボンのウエストがきつくなってきたような気がしてきた。
どうやら、GWからの不摂生な生活がウエストに影響を与えているようだ。

そこで、古いEMS健康器、ABSOLUTEを取り出した。
アメリカでAB ENERGIZERというのを買っていたのだが、どうもパワーがいまいちで、筋肉が動いているような感じがしなかったので、EMS健康器は懐疑的だったのだが…

このABSOLUTEはAB ENERGIZERに比べると、数段パワーが違う気がする。
なんとゆうか、本当に筋肉が動いている、腹筋運動をしている、ような気になる。
ちょっとしばらく続けてみようと思った。

ちなみに、会社の元同僚によると、ジェルは専用のものでなくても、ダイソーで売ってるローションで十分だそうな。

2004.04.30

カンスとの戦い

カンス、尾張弁で言うところの蚊。英語で言うとモスキート(Mosquito)。
我が実家では蚊取り線香などのCMが大々的に流れる前、春ぐらいにはすでに活動を始めている。
どこか、ボウフラに非常によい環境があるのだろう。

久しぶりに実家に泊まってみると、そのカンスどもの猛攻にあった。
個人的にカンスキラーと呼ぶアースノーマットなどの装備を用意しなかったのがまずかった。
12時前に床についたはずなのだが、あの耳障りな羽音のせいで3時過ぎまで眠れなかった。
おかげで、睡眠不足。さらに、風邪まで引いてしまった。

そういえば、寮ではちっともカンスの攻撃にあったことがない。
なんでも、カンスはあまり高くは飛ばないようなので、住んでいる10階までは飛んでこないのだろう。

より以前の記事一覧

Recent Trackbacks

October 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ